99年度公表論文・書籍等

1999年4月から現在までの公表論文、書籍等を紹介しています。

・レフリー付論文(1999年度)

Suppression of the Weak-Localization Effect due to a Domain Wall in Mesoscopic Wires of Ferromagnetic Metals
Yositake TAKANE and Yasusi KOYAMA, Journal of Physical Society of Japan Vol.69, No.2, February, 2000, pp.328-331

Low-Frequency Plasma Mode and Its Effect on the Tunneling Density of States in Thin Superconducting Wires
Yositake TAKANE, Journal of Physical Society of Japan Vol.68, No.8, August, pp.2514-2517

Persistent current of three-dimensional spherical shell billiard
J. Ma and K. Nakamura, Phys. Rev. B60,11611-11617 (1999) .

Orbital magnetism of mesoscopic three-dimensional billiards: role of geometric symmetry
J. Ma and K. Nakamura, Phys. Rev. B60,10676-10679 (1999) .

Spin dynamics of spin-Peierls transition in quantum Heisenberg antiferromagnetic chain
A. Kouzuki , K. Kawasaki and K. Nakamura, Phys. Rev. B60,12874-12885 (1999) .


・書籍


・日本語解説

量子カオスと量子輸送
中村勝弘、 固体物理34巻5号、319ー330頁 (1999年)

カオスと量子カオス(誌上セミナー「カオス、非線形動力学と量子輸送現象」その1)
中村勝弘、固体物理34巻7号、585ー593頁 (1999年)

半古典理論とメゾスコピック系の熱統計力学(誌上セミナー「カオス、非線形動力学 と量子輸送現象」その2)
中村勝弘、固体物理34巻9号、753ー760頁 (1999年)

軌道反磁性と永久電流(誌上セミナー「カオス、非線形動力学と量子輸送現象」その3)
中村勝弘、固体物理34巻11号、884ー892頁 (1999年)

量子カオス:量子輸送と量子コンピュータ
中村勝弘、Computer Today No.94、23ー27頁(1999年)

開放系ビリアードの量子干渉効果(誌上セミナー「カオス、非線形動力学と量子輸送 現象」その4)
中村勝弘、固体物理35巻1号、13ー21頁 (2000年)


98年度の公表論文
97年度の公表論文
96年度の公表論文